アメリカでのオンラインカジノ合法化に動き

オンラインカジノで貯金を増やす!

スペシャルコーナー
オンラインカジノ評価レビュー
おすすめランキングと各種比較
初心者の方は勉強しよう
遊び方や攻略法を学ぶ
人気のソフトウェア比較
ゲームを見る!そして語る!
その他コンテンツ

2010/10/20 アメリカでのオンラインカジノ合法化に動き



アメリカのオンラインカジノに関する動きが気になります。
一旦は完全に禁止となり、関係者は騒然としました、今では考えれらないかもしれませんが、NETELLERが使用できなくなったりなどアメリカ在住の方は本当に困ったのではないでしょうか?

その後、時は過ぎ・・・アメリカ政府が公認としてならというような噂及び実際に国会などで審議が進んでいるようです。オンラインカジノ業界にとってはとても大市場となるだけに注目するところでしょう。

日本なのに花さんは何故アメリカのことを気にするのか?それはオンラインカジノという視点よりも経済効果といえます。アメリカ市場によりオンラインカジノ各社にお金が入れば当然企業の業績が大きくなります。ということは他の国に対しても投資やプレイヤーを増やす施策が生まれ、結果的に私たちにとってもメリットがあるといえるからです。

ということで何かニュースがあればまたご報告いたします。

不況のラスベガス覆う悪夢 「ネットカジノ」合法化法案提出

インターネット上でスロットマシンやカードゲームなどの賭け事ができるサイトは、検索すると数多く見つかる。米国は、ラスベガスのようにギャンブル施設が認められている一方、ネットカジノは2006年に法律で禁じられた。
だが2010年になって、これを合法化するための法案が議会で検討されているという。米ニューヨークタイムズ(NYT)紙によると、大手リゾート企業数社が中心となって、一部の遊戯がネットでも認められるように後押ししたようだ。7月28日の下院金融サービス委員会で法案は通過。上下両院での審議を待つ。
ネットカジノが全面的に認められれば、カジノ施設を運営する企業の収入に影響する。そのため、ある専門家は、実店舗の収益を害する恐れの少ないポーカーだけが合法になるのではないか、と見ているようだ。議会の課税合同委員会の試算では、法制化により今後10年間で400億ドル以上の税収増が見込まれると米ウォールストリートジャーナルは書いている。




関連ページ:不況のラスベガス覆う悪夢 「ネットカジノ」合法化法案提出


Copyright (C) 2004-2013 Casinodechokin.com All Rights Reserved