世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?

オンラインカジノで貯金を増やす!

スペシャルコーナー
オンラインカジノ評価レビュー
おすすめランキングと各種比較
初心者の方は勉強しよう
遊び方や攻略法を学ぶ
人気のソフトウェア比較
ゲームを見る!そして語る!
その他コンテンツ

TOP >本場カジノを学ぶTOP >世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?

世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?

カジノを学ぶコンテンツ一覧
カジノを学ぶTOP
韓国カジノ特集!

世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?


世界で最も収益を上げているカジノ街はマカオである
カジノ=ラスベガス、ラスベガス=カジノというくらいラスベガスはカジノに精通している街ですが、実際の収益となると実はN01ではないです。収益NO1のカジノ街はマカオになります。ラスベガスは年間で約4,880億円の収益に対し、マカオは桁違いの1兆9,000億円もの収益を上げています。規模だけで言えばラスベガスの方が大きいのですが、実はカジノの純粋な収益と考えるとマカオの方が圧倒的に勝ちとなります。ラスベガスは「サーカスサーカスホテル&カジノ」という世界最大の常設サーカスやショーをメインとしたカジノに代表されるようにエンターテイメントとしての収益が非常に高い街です。カジノ依存度が意外と低いのが特徴です。一方でマカオはザ・ベネチアン・マカオなどカジノスペースがなんと51,000㎡もあるホテルからも分かるようにカジノメインの街であります。さらに第3位のカジノ街を上げると面白い傾向も分かってきます。シンガポールが第三位になります。こちらの収益はラスベガスとそれほど大差の無い、約4560億円となります。ちなみにマカオが20ヶ所のカジノで1兆9000億円に対し、シンガポールは2ヶ所のカジノでこれだけの収益を上げているのでひょっとしたらシンガポールの方が単価でみると世界で最も収益を上げている街と言えるかもしれません。シンガポールの場合、1ヶ所のカジノを設立するにあたり約5,000億円の投資のようで日本はその倍の投資を検討しているそうなので仮にカジノが日本で合法化された場合には収益単価として世界一になることも夢ではないかもしれません。

この3つのカジノ街の収益から日本における経済インパクト及びコンセプトについては非常に参考になるところが多いでしょう。エンターテイメントはもちろん取り入れるべきであるし、1ヶ所あたりの規模を大きくすることもシンガポールの例から非常に参考になるかと思います。但し、注意しなければいけないのが、日本への海外旅行者の内訳ではないでしょうか?やはりアジア圏、特に中国からが多く、彼らは本当に賭けごとが大好きです。エンターテーメントに振りすぎれば事業との成立性が厳しくなる可能性もあるため、バランスをどう考えていくか非常に見ものでもあります。


関連ページ:
バカラのゲームルール(ラスベガス/マカオ旅行者、カジノ初心者不向き)
ブラックジャックのゲームルール(ラスベガス/マカオ旅行に行かないカジノゲームを楽しむ方向け)
ルーレットのゲームルール(まさにラスベガス/マカオ・韓国旅行者、カジノ初心者向け)
世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?
初心者におすすめの世界のカジノTOP3


Copyright (C) 2004-2013 Casinodechokin.com All Rights Reserved