カジノを学ぶ!ラスベガスやマカオ、韓国のカジノ体験記やバカラ・ブラックジャック・ルーレットの攻略・ルールなど

オンラインカジノで貯金を増やす!

スペシャルコーナー
オンラインカジノ評価レビュー
おすすめランキングと各種比較
初心者の方は勉強しよう
遊び方や攻略法を学ぶ
人気のソフトウェア比較
ゲームを見る!そして語る!
その他コンテンツ

TOP >

カジノを学ぶ!ラスベガスやマカオ、韓国のカジノ体験記やバカラ・ブラックジャック・ルーレットの攻略・ルールなど

カジノを学ぶコンテンツ一覧
カジノを学ぶTOP
韓国カジノ特集!

カジノ(casino)を学ぶTOP



カジノ(casino)は、ギャンブルを行う施設の一つ。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場[1]。 語源は家を指すイタリア語の「Casa」[2]に縮小の語尾「-ino」が付いたものである。英語では「カシノ」と発音するが、日本語では「カジノ」と発音する。
ウィキペディによるとカジノとはギャンブルを行う施設と書かれていますが、それくらいは誰でもわかるでしょう。引用文からもわかるように日本ではカジノと発音しますが、海外ではカシノと呼ぶため、発音には十分に注意して下さい。海外旅行に出かける時、恥をかきます。「外人からお前は一体どこに行きたいのか?」とあきれた顔をされます。ラスベガスにあるベネチアンに宿泊した時、カジノに行くから食事の時間は6時で!とつ会えた時、笑われた経験が花さんはあります。話を戻すとことさら日本においてはカジノというより「賭場」に該当します。しかも、日本においては法律違反となるため、カジノはもとより賭場自体も一般的に市民権を得ているものではありません。しかしながら、海外旅行を通じて、カジノを楽しむことは税金に関する知識と行動を守れば問題無く許可されています。芸能人であったりつまり大富豪の大人の遊びとして人気が高い娯楽、それがカジノなのです。


カジノがギャンブルならどんなゲームが存在するのか?



カジノと言えばブラックジャックやルーレットといったゲームを思い浮かべますが、そのゲームの種類は侮ってはいけません。また、ラスベガスやマカオに旅行に行く際には必ず、このゲームの種類を把握することが重要です。何故なら、一般的に世界のホテルに存在するカジノ場は非常に広大であり、ややもすると東京ドーム位の広さはあります。そこに様々なゲームが存在するため、その場に行ってからゲームを選んでいたのではすでに戦いから離脱したも同然になります。ではどんなゲームがあるのでしょう?まずはテーブルゲームについてご紹介します。
テーブルゲームはウィキペディアで解説しているものをカウントすると32種類もある
32種類の中にはポーカーを更に細分化してカウントしていますが、さらにテーブルゲームをカテゴリー分けするとトランプ系のゲームとダイス(サイコロ)系のゲームにわけることができます。トランプゲームの代表は以下になります。初めてカジノに行く方はテーブルゲームをバカラ、ブラックジャック、ルーレットくらいに絞って攻めた方が良いでしょう。長い人生、カジノ場に行くことは一回ぽっきりではありませんし、まずは世界の外国人とともにゲームに参加することにも慣れなければいけません。むやみやたらにこれら多数のカジノゲームを網羅するのではなく、旅行前の勉強ふくめてまとを絞るべきでしょう。
テーブルゲーム32種類の内訳

テーブル➤
(バカラ系3種…通常バカラ・ミニバカラ・バカラバンク、ブラックジャック、レッドドッグ、カローキ、シュマンドフェール、ブントバンコ、トラントエカラント、バン、ポーカー系8種…インディンアンポーカー、デュースワイルド、レットイットライドポーカー、カリビアンスタッドポーカー、バイゴウポーカー、セブンカードスタッド、オマハホールデム、テキサスホールデム)

ダイス➤
(クラップス、丁半、大小、チャックアラック、フレンチバンク、ちんちろりん、スウェディッシュダイス)

その他➤
(ルーレット、 牌九(パイゴウ)、ブール 、バントトロア、マネー・ホイール、ツーアップ、ファンタン)


カジノのゲームルールは簡単なのか?



何世紀も前から存在し、世界中に浸透しているカジノ。つまり、ゲームがシンプルでなければ浸透など到底ないでしょう。日本における麻雀やパチスロなどと比べれば、凄くシンプルです。勝ち負けを当てるゲーム、数字を当てるゲーム、基本はこれくらいしかありません。ポーカー、ブラックジャックはトランプゲームのためルールを覚えなければいけませんが、ルーレットやバカラは簡単です。


カジノは儲かるのか?



これは難しい質問です。日本にカジノが無いことが儲かるという定義を邪魔しています。ラスベガスなんかはプロと呼ばれるカジノで生計を立てている人がいます。特にポーカーを専門にしているようですが、所詮カジノも統計学に基づき確率論であることを忘れないでください。確率論というのは試行回数を増やすことによってより、決められた確率に近づいていきます。海外にわざわざいかなくてはならない日本人はゲームをする時間も限られているため、儲かるという定義から外れてしまいます。長く、継続的にできる環境があればこの答えも変わることでしょう。


禁止事項はあるのか?



あります。まず、年齢制限。これは各国によって入場できる年齢がことなるため、必ず渡航する際には確認しておく必要があります。韓国カジノであれば19歳以上、ラスベガスなら21歳以上です。韓国についてはパスポートを提示しなければ入場できません。もうひとつの禁止事項として写真撮影があります。これは記念に取りたいところですが、完全にマナー違反になるので注意して下さい。さらにブラックジャックではカウンティングという必勝法をしてはいけません。これは入場禁止になること間違いなしです。

関連ページ:
バカラのゲームルール(ラスベガス/マカオ旅行者、カジノ初心者不向き)
ブラックジャックのゲームルール(ラスベガス/マカオ旅行に行かないカジノゲームを楽しむ方向け)
ルーレットのゲームルール(まさにラスベガス/マカオ・韓国旅行者、カジノ初心者向け)
世界のカジノ街収益NO1カジノはラスベガスorマカオ?
初心者におすすめの世界のカジノTOP3



Copyright (C) 2004-2013 Casinodechokin.com All Rights Reserved